横浜本牧で結成され、2020年でデビュー23年目を迎えるクレイジーケンバンド。2019年夏、“港街”をテーマにした19枚目のオリジナルアルバム『PACIFIC』をリリースし、8月24日に全国ツアー「CRAZY KEN BAND TOUR PACIFIC 2019」を東京・福生市民会館からスタートさせた。11月16日・17日の2日間、地元である横浜の神奈川県民ホールに彼らが帰ってきた。 オープニングSEが流れ、ステージの幕が上がると大きな拍手と歓声が会場に響いた。早速ニューアルバムに収録されている軽快なナンバー「車と女」でCKBの世界に観客を引き込んでいく。続いて、映画「影に抱かれて眠れ」の主題歌「場末の天使」を艶っぽく歌唱。さらに香港の情勢を心配しながら「香港的士」「Hong Kong Typhoon」を聴かせるなど、序盤から見どころ満載。

MCをはさんだ後、ベースでバイクのエンジン音を表現する「風洞実験」、メロウな「何もいらない」、ファンキーなリズムの「GET」、港街のスナックが舞台となっている「KARAOKE International」と、最新アルバムの個性的な楽曲で畳みかける。
前半から新しい曲を中心にセットリストが組まれているが、MCで横山剣が『PACIFIC』の曲は目新しさや新機軸を打ち出したというよりは“即戦力”になるものが多いと言っていた通り、既にライブの定番曲になっているかのような感じで馴染んでいる。
幼少期の地元での思い出エピソードを披露した後は「本牧ビーチ・フィールド」「本牧仕様のサーファーガール」といったCKBにとってのご当地ソングで横浜の魅力を伝えた。
横山自らのリクエストでマーヴィン・ゲイとタミー・テレルのデュエット曲「Ain’t No Mountain High Enough」と「金龍酒家」を披露した後、「Let’s Go CKB→タイガー&ドラゴン」で終盤に突入。ある夫婦の離婚伝説を描いた「ある晴れた悲しい朝」、平成元年に飛行機の中で書いた「スージー・ウォンの世界」、そして代表曲でありライブでの定番曲でもある「GT」で盛り上がりも最高潮に達し、「流星ドライヴ」で本編を締めくくった。

アンコールでは、体調を崩していた新宮虎児の復帰を祝った「レッドライト・ヨコハマ」、横浜の過去と未来をジャジーに流離う「Night Table」、跳ねるリズムの「Tampopo」、不器用過ぎる男を描いた「ドクロ町ツイスト」、アッパーチューン「香港グランプリ」を聴かせ、“逃げろ!”とステージから退散して1回目が終了。
CKBのライブはまだまだ終わらない。更なるアンコールの声に応えて2回目のアンコールがスタート。やる気スイッチを入れてくれる曲「あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。」を、“中華街の空気感をお土産にお持ち帰りください”と言って横浜ご当地ソング「クレイジーの中華街大作戦!」を演奏。最後は、一緒に時間を過ごしてくれたファンへの感謝の気持ちを込めて「生きる。」で3時間に及ぶライブを締めくくった。

ラフでタフな演奏力はもちろん、演出を含めてエンターテインメント性の高いステージでファンを楽しませてくれるクレイジーケンバンド。ニューアルバムの曲を軸に、横浜にゆかりのある楽曲、アジアなどを旅している感覚になれる楽曲、ファンからのリクエスト曲などで今回もたっぷりとCKBの世界を味わうことができた。地元・神奈川県民ホール2DAYSから2日目となる11月17日の公演の模様を2020年1月11日(土)夜10時からWOWOWで放送される。港街の雰囲気漂うステージをじっくりと味わってもらいたい。


( 写真/本多亨光)

【番組情報】
「CRAZY KEN BAND TOUR PACIFIC 2019」
1月11日(土)よる10:00 [WOWOWライブ]


収録日:2019年11月17日
収録場所:神奈川 神奈川県民ホール

【番組サイト】
https://www.wowow.co.jp/ckb/

共有: