「名古屋行き最終列車2019」、3月11日(月)深夜0時25分からの放送は、昨年の「名古屋行き最終列車2018」で初々しい女子高生役を演じ視聴者をキュンキュンさせた元Dream5の日比美思(みこと)と、映画やドラマに出演作が続く若手演技派、岡山天音(あまね)の高校生カップルの一年後を描くシリーズ第二弾。

高校3年生役の日比美思 岡山天音

メ~テレ(名古屋テレビ)では、名古屋鉄道を舞台にした地域密着ドラマ「名古屋行き最終列車2019」を毎週月曜深夜に連続ドラマとして好評放送中。
名古屋の冬の風物詩としてすっかり定着した「名古屋行き最終列車」も、今作で第7弾となる。
これまでも出演していた松井玲奈さんや六角精児さんら豪華俳優陣に加え、今シリーズは新たに寺島進さん、元宝塚歌劇団の柚希礼音さんらが出演し、大きな話題となっている。

第8話となる3月11日(月)深夜0時25分からの放送は、昨年の「名古屋行き最終列車2018」で初々しい女子高生役を演じ視聴者をキュンキュンさせた元Dream5の日比美思(みこと)と、映画やドラマに出演作が続く若手演技派、岡山天音(あまね)の高校生カップルの一年後を描くシリーズ第二弾。
第一弾ではすったもんだありながら付き合い始めるシーンで終わったこの二人。この一年間少しずつ恋を進展させていた模様。しかし二人は高校三年生。陽介(岡山天音)は難関大学を受験するのにのんびり構えている。ゴルフ部での実績により推薦で大学が決まっている愛子(日比美思)は陽介のことが心配でならなかった。そして愛子は「人生いいこと悪いこと質量保存の法則」に則って、ある決断を下すのだった・・・。

「3年A組 今から皆さんは、人質です」や「さくらの親子丼2」に出演し女優として羽ばたこうとしている日比さんは、このドラマの感想と見どころを語った。


日比美思さんコメント
「今年も、スタッフキャストの方々と会えることがすごく嬉しくて、胸がぎゅ〜っといっぱいになるくらい幸せでした。今回は去年よりグッと、愛子ちゃんと陽介くんの距離が近くなっているのですが、愛子ちゃんのある決断で、少しずつ2人がチグハグしていきます。陽介くんとの撮影でお互いの顔がとても近い時、あ、鼻息を気にしなくちゃいけないんだ!と気付きました。それからずっと息を止めていてホント大変でした。そういう恥ずかしい気持ちになる瞬間が沢山あったので、私は放送前の今もずっとドキドキしています….
空回りして色々なことが上手くいかなくて、それでも頑張らなくちゃって一生懸命になって。そんな初めての恋をしている愛子ちゃんを、どうか、見守っていただけたら嬉しいです!」

 

<番組概要>
■タイトル:メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2019」
■脚本:菊原共基
■放送日時:2019年1月~3月
      毎週月曜深夜0:25~0:55
      本リリース当該回は2019年3月11日(月)放送
■放送回数:全10話
■放送エリア:・ 東海3県(愛知・岐阜・三重)
       ・ ひかりTVにて4K配信  ※詳しくは番組ホームページへ
■番組公式ホームページ:https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2019/
■番組公式ツイッター:https://twitter.com/nagoyatv_drama

共有: